メンズ用財布ならお任せ「メンズ財布ガイド」 | メンズ財布の基礎知識

長財布のメリット

お札がたくさん入る

二つ折り財布の場合はお札が途中で折り曲がるので、
たくさんのお札を入れると財布が曲がらなくなってしまいます。

 

ですが、長財布の場合には多くのお札を入れておくことができます。

 

お金はお金を呼ぶといいます。
その為、常に財布に多くの新札を入れている方がいます。

 

お札が曲がらないのでお札を出しやすい

折りたたみ式の場合は真ん中から折れてしまい、お札が出しにくいことがありますが、
長財布の場合にはそのようなことはありません。

 

小銭を落とさない

長財布の場合は、折りたたみ財布のように小銭を出す時と、
お札を出す時で向きを変える必要がないので、小銭を落としてしまうということもなく、
会計時にスムーズに支払いができます。

 

カードがたくさん入る

最近はスタンプカードやクレジットカードなどのカード類が多いですが、
長財布はカードスペースが多いのでたくさんのカードを入れておくことができます。

 

財布自体が薄い

長財布は折りたたみ式の約半分といった薄さなので、
鞄の中やポケットに入れやすく、場所を取らず持ち歩くことが出来ます。

 

昼休みのランチでスマートフォンと財布だけ持って外出する際にも
片手で二つとも持つことが出来るため、大変便利に使えます。

 

長財布のデメリット

財布自体がお尻のポケットに入れておくと折れ曲がってしまう

長財布をお尻のポケットに入れておくとカッコ悪く折れ曲がってしまいます。
ですので、なるべく鞄に入れておくことになります。

 

財布にPASMOやSuicaを入れている場合には、
改札を通るたびに鞄から出さないといけないので、
乗り換えが多い方には面倒に感じるかもしれません。

 

ただし、常に鞄に入れる癖がつくと財布を落とすということが少なくなります。
面倒ですが慣れると良いこともあります。

 

お尻のポケットに入れておくと落としやすい

それでもお尻のポケットに入れておくと、ポケットが小さい場合には飛び出てしまい、
逆に落としやすくなってしまうことがあります。

 

小さな鞄には入らない

薄い代わりに面積が広いので、ちょっとした用事で小さなカバンやポシェットで出かける時には、
入らなかったり、入るけれど他の荷物が入らないということもしばしばあります。

 

またカバンの中で陣取る面積が広いのでカバンを選び、コーディネートの敵となることもあります。

 

カードが見つけにくい

カード類がたくさん持ち運べるが為に、お目当てのカードがなかなか見つからないということもあります。
折りたたみ式の場合はスペースが少ないため、本当に必要なものだけを厳選して持ち運びますが、
長財布の場合には入れすぎてしまって見つけにくいとうこともありますので整理が大切です。

 

レシート類も同じことが言えます。
ですので、あまり財布の中を整理しない人が持つとせっかくの薄い長財布がかさばってしまって、
パンパンに、なんてことにもなり得ますので注意した方がいいでしょう。

 

二つ折り財布のメリット

コンパクトなサイズになる

お札をたくさん入れることを考えない場合には、二つ折り財布でも容量は長財布とさほど変わりませんが、
コンパクトなサイズになるので、小さなカバンや上着のポケットにも入りやすく、持ち運びに便利です。

 

お尻のポケットに入れやすい

男性の場合、パンツの後ろのポケットに長財布を入れておくと、後ろから見えるのでスリに狙われたり、
落としたりしやすいというデメリットがありますが、二つ折りの財布であればポケットにしっかり入るので、
落としたり、スリの被害に遭ったりの確立が少なくなります。

 

機能面が優れている

薄型の長財布に比べると、たくさんの小銭も一緒に入れられるので、
持ち運ぶものも少なくて済むという、高い機能性があります。

 

油断すると小銭が増えすぎて膨らむということはありますが、
支払い時に二つの財布からお札と小銭を出してもたつくよりはずっと見た印象がスマートになります。

 

よく長財布が金運をアップさせるのにいいと言われますが、
二つ折りの財布は機能性の面では、全く引けをとりません。

 

二つ折り財布のデメリット

分厚くなってしまう

しっかりと整理をしていれば大丈夫ですが、財布そもそもの厚さにプラスして
小銭やカード類が多いとさらに膨らんでしまいます。

 

見栄えも悪く、カバンの場所も取るのであまりいいとは言えません。
あまり入れすぎると、お尻のポケットに入れて外出ということも難しいです。

 

お札の出し入れがしにくい

お札が折りたたまれてしまうので、長財布に比べるとお札の出し入れがしにくいです。
一見しただけでは財布の中にどのお札がどのくらい入っているのかが分かりにくく、
さらに取りだす時にわざわざ取り出し口を広げなければなりません。

 

また、小銭入れを開けたままだと小銭を落としてしまう危険もあります。

 

カード類が入らない、入れすぎると分厚くなる

長財布に比べてカード類が少ししか持ち歩けないことが多いです。
元々スペースが少ないということもありますが、入れすぎると厚くなってしまいます。

 

その為、カードを厳選して持ち歩かなくてはなりません。
人によってはカードケースを併用する必要もあるかもしれません。

 

お金が溜まる財布 財布の風水について

 

片付いた部屋にいると居心地が良いように、
居心地の良い財布からはお金が出て行きにくくなり、集まってくると言われています。
財布の整理整頓を心がけることが、風水的にお金が貯まる秘訣といえます。

 

財布はお金を保管するものなので、できるだけおお金以外はいれないようにします。
領収書やレシートなどはすぐに取り出しましょう。
キャッシュカードやクレジットカード類は、4、6、8、12枚になるのがベスト。
0枚でもOKです。
財布のカードポケットの数にも同じ事がいえます。
また、小銭が貯まっていると運を逃す原因となるので、小銭から使うか小銭入れを持つようにします。

 

また風水で重要なのは、財布の色です。
黄色、ゴールド、黒、白、ピンク、茶色はお金を引き寄せるパワーがあるため金運をもたらします。
お金が燃える、焼きつくということで、赤を選ぶのは避けましょう。
川の流れのイメージから、水色や青なども避けることが無難です。

 

安物の財布は運気を逃してしまうため、
高級品として使われてきた牛革など、
高価で価値のあるものを使用すると運気アップにつながります。

 

1日持ち歩いて使用した財布は、かばんに保管せず取り出して休ませて下さい。
財布の寿命は約3年。それ以上使用していると運気がなくなります。
またボロボロになったり古くなったりしたときはすぐに取り替えましょう。